音や光でモノを見る・動かす―超音波と光波を用いたセンサやアクチュエータの研究

光ファイバセンサ・超音波デバイス

研究テーマ

光ファイバに沿った伸びや温度の分布センサ

プラスチック光ファイバを用いたセンサ

上記のテーマは、横浜国立大学との共同研究により推進しています。詳細はこちらのページをご覧ください。

機械励起長周期ファイバグレーティングセンサ

上記のテーマは、芝浦工業大学との共同研究により推進しています。詳細はこちらのページをご覧ください。

光ファイバのたわみ振動を用いた光スキャナ

レーザ光等の偏向走査を行う光スキャナには様々な方式がありますが、高周波数で大偏向角走査を行うのは困難です。そこで我々は,たわみ振動する光ファイバを用いて、高周波走査可能な光スキャナを提案し、その偏向角について検討を行ってきました。この方式では、振動による光ファイバ端部での変位と傾きの効果以外に、振動応力による光ファイバ内部での屈折率変調効果が加わり、42 kHz で ±10.5◦ の偏向角で出射光を走査可能であることを確認しています。詳細ははこちら(PDF)。

光ファイバを用いた超音波センサ

超音波励起長周期ファイバグレーティングセンサ

高速波長走査光源

OCT内視鏡用微小プローブ

光ファイバ・ブラッグ・グレーティング型マイクロフォンアレイ

PAGETOP